パンストの誘惑 もなみ鈴(動画付き)

パンストの誘惑 もなみ鈴
パンストの誘惑 もなみ鈴

今回はスタイル抜群のもなみ鈴さんに4つのシチュエーションで美脚・美尻を最大限アピールするパンストを履いてもらった。ライティングやカメラワークにも拘り、パンストの質感、生地の手触り、触った時の音、そして彼女のエロボディラインをフィーチャー。貴方と1対1で艶やかに蠢く美脚・美尻パンストが迫りくる!

作品レビュー

この作品は、童顔だけど不思議な色気がある『もなみ鈴』(もなみすず)が、最高のパンスト着用セックスの魅力を教えてくれる作品です。補足すると、童顔女性には、顔も目の周辺も両方とも童顔なタイプと、童顔だけど目の周辺は色っぽい女性の両方がいます。男性が時々、童顔女性にドキッとさせられることがあるのは、色っぽい目が原因の場合が多いです。個人的には、もなみ鈴は遠くから見れば童顔だと思いますが、近づくと目が色っぽくて吸い込まれるような魅力を発揮させていると思います。個人的には、私はこの現象を『予想外の童顔ギャップ』と表現しています。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、もなみ鈴が台所で肌色のパンストを着用状態で脚を広げながらエッチな仕草を連発しています。なんか、童顔で色気は程々かなと思っていると、彼女はパンストの中に片手を突っ込んでオナニーを開始します。視聴者は、もなみ鈴のパンストオナニーを見ていると、彼女の目に吸い込まれそうになります。もなみ鈴は、器用にパンストオナニーをしながら、男優のペニスを足コキする上級テクニックも見せてくれるからです。童顔で成長途上と思っていた女性が、いつのまにか高度なエッチテクニックを習得していて、同時に男優のペニスを足で動かして支配している状態は絶対的に女性が有利な状態です。男として、童顔女性に支配されるという事は、予想外の刺激を男性の脳に与えてくれます。もなみ鈴は将来が楽しみな女優です。将来、彼女が熟女になった時に、若い時のセックスと比較したいなと思いました。

中盤では、台所で濃厚フェラをしていた『もなみ鈴』が寸止めで男優の射精を禁止にしてから、2回戦の寝室に移動します。寝室では、背広と黒パンストの組み合わせで色気を2倍にアップさせてくれます。視聴者は、この中盤では、『もなみ鈴』が黒パンストの股間部分に大きな穴を開けていることに途中から気付きます。彼女は、美尻を振りながら、エッチな穴に男性視聴者を誘導してくれます。これは、淫乱な穴に誘導する作戦です。その後、男優が黒パンストの穴に舌や指や勃起ペニスを突っ込んで暴れると、『もなみ鈴』はエッチなアエギ声を連発してくれます。そして彼女は、正常位の後には対面騎乗位で積極的に腰を振っていました。この中盤の1番の見所は、立ちバックセックスが2回も見られることです。1回目の立ちバックと2回目の立ちバックの途中に背面騎乗位がある過激状態ですが、『もなみ鈴』のスタミナは残っています。

2回目の激しい立ちバックの途中で、『もなみ鈴』が「勃起ペニスで突いて!」と叫ぶと男優は激しいピストンの途中で、豪快に中出しを実行していました。淫乱な穴から精子が連続で垂れ落ちてきて、黒パンストを精子で汚す場面は、パンストマニアならば喜びたくなる凄い場面です。

後半は、『もなみ鈴』が網模様の網パンストに着替えて、男優と対面鑑賞オナニーをしています。そして、その後は黒パンストにセーラー服を組み合わせた変態セーラー服セックスが行われています。視聴者は、セーラー服セックスで腰と尻を振り続ける『もなみ鈴』に注目してください。騎乗位で腰を振りながら「気持ちいい!」と叫んだ『もなみ鈴』は、完全に淫乱モードになっています。

最後は、『もなみ鈴』が「奥深い!」「奥気持ちいい!」と絶叫する過激な正常位中出しです。中出しされた『もなみ鈴』が、熱い精子の余韻を感じながら女体を連続でピクピクさせている姿は最高でした。総括をすると、この作品は童顔だけど、予想以上に凄いセックスを見せてくれる女性が好きな人に向いている作品です。『もなみ鈴』は、童顔だけどパンスト使用セックスが上手な女優でした。

サンプル画像

作品、他、各種サイトリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください