友人の妻はドスケベ家庭教師 水沢真樹(動画付き)

友人の妻はドスケベ家庭教師 水沢真樹
友人の妻はドスケベ家庭教師 水沢真樹

母親がこの世を去って早5年。男手一つで息子を育てあげた父は、受験に失敗して落ち込む愛息のために家庭教師を呼ぶことにした。やってきたのは同僚の嫁で高学歴の才女だという真樹。さっそく勉強を開始する真樹と息子だったが…この家庭教師、とんでもないエロ痴女教師だった!!オトナの妖艶な魅力にメロメロになった息子はもはや人妻のトリコに…。

この作品は、熱血家庭教師が熱血エロ教師に豹変する作品です。主演の『水沢真樹』さんは、教え子を怒るのが上手でした。補足をすると、この作品の中では、『水沢真樹』さんは目を輝かせたような演技をしているので家庭教師役が気にいっていたのかもしれません。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、浪人生の家庭教師をお願いされて熱血指導が開始される様子が描かれています。「そんなことじゃ、今年も受験失敗しちゃうわよ!」と呟く姿は迫力がありました。視聴者は、この序盤では、英語の発音から濃厚キスの指導に誘導する高度なキステクニックで驚いてください。意外と熱血指導者は、複数の熱血要素を備えている場合があります。理由は、熱血的な性格のままで初体験を済ませている場合があるからです。そういう理由から、1度エッチなことを考えると、英語の授業からでもエッチに誘導してしまうわけです。濃厚キスの後は、教え子のペニスを咥えた『水沢先生』が、精子が発射されるまで長時間フェラを楽しんでいました。長時間フェラの時に、「先生が!ほぐしてあげる!」という謎の言葉を言う部分も興奮出来ます。

中盤は、『水沢先生が』食卓の下に潜り込んで行なう変態フェラと、生徒の脚に股間を擦りつけながら実行する『オナニーフェラ』の両方が楽しめます。『オナニー』しながら実行するフェラは合体用語では『オナフェラ』と言います。視聴者は、この中盤では、『水沢真樹』さんが生徒の脚をオナニーの道具にした後に下着の布を手で上下に『グイグイ』させて変態刺激を楽しむ場面にも注目してください。この中盤では教え子が『水沢先生』に精子を2回搾り取られています。先生は、それでも、まだ余裕があるようで次々とエッチなことを考えているようでした。

後半は、勉強部屋で指マンと挿入の勉強です。順番は、『水沢先生』に指マン指導してもらってから正常位を通り越して対面騎乗位です。先生は「気持ちいい!」を連呼した後に、次の体位は背面騎乗位を選んでしまいます。視聴者は、この後半では、四つんばいバック挿入で「あっ!そこ気持ちいい!」「もっと!そこ!」「オマンコ逝っちゃう!」などの卑猥な言葉を連呼する変態先生の淫乱言葉にも注目してください。最後は、先生が「出して!いっぱい出して!」と絶叫していたら興奮した教え子が正常位中出しです。中出しされた直後の先生は、女体全体を卑猥な桜色に染めていました。総括すると、この作品は、淫乱言葉を連発する女性が好きな人に向いている作品だと思いました。それから、『水沢真樹』さんは興奮すると次々と卑猥な言葉を連発するので、ドSの性癖がある人も楽しめる作品だと思いました。

作品サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください