友人の妻はドスケベ家庭教師 飯岡かなこ(動画付き)

友人の妻はドスケベ家庭教師 飯岡かなこ
友人の妻はドスケベ家庭教師 飯岡かなこ

大学受験に失敗して二浪中のわたる。見かねた父親は同僚の妻、かなこに家庭教師をお願いする。早速勉強を教えるかなこだったが、わたるはその体に目が眩んでしまい、勉強に集中できない。授業の合間にもHな悪戯を繰り返す始末。しまいにはわざとかなこの服を汚して風呂に入れ、着替えといいつつマイクロビキニを手渡すのだった。

この作品は、『飯岡かなこ』さんが優しい家庭教師を演じている作品です。そして、その優しい家庭教師の女体が攻略されていく姿が楽しめます。補足をすると、家庭教師も脚がしびれることがあります。それは、和式の机だと女性は正座になるので、そこで脚が長時間シビレルことがあるからです。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、度胸の無い教え子に英語や歴史の勉強を教える『飯岡かなこ』さんの姿が映し出されています。そういう教え子ですから、最初は先生が居眠りしている時に悪戯することくらいしか出来ませんでした。視聴者は、この序盤では、『飯岡先生』の脚がしびれて教え子の下半身に偶然触れる場面に注目してください。教え子は、この先生の弱みを利用して女体を捕まえると下着の上から愛撫を開始します。そして、先生の抵抗力が弱いと判断すると、先生の尻穴を観察してからオマンコに指を挿入するテクニックも見せてくれます。これは、エロ雑誌で勉強したようですが、意外と女体を的確に刺激してしまいます。序盤では、レイプ路線ではなくて、エッチな偶然を利用する展開が中心になっているので女性でも楽しめる作品だと思いました。こういう、エッチな偶然路線は日本のAV作品で多く取り入れられていくような気もしました。

中盤は、食卓机を利用した悪戯でエッチなスリルを学習した先生が、エアロビクスの衣装や紐(ひも)下着を着用した、コスプレセックスに目覚めてしまいます。視聴者は、この中盤では、何か道徳観念が薄れたように教え子の勃起ペニスを手コキ射精に導いていく『飯岡先生』の表情に注目してください。それから、前半では受け身エッチが中心だった『飯岡先生』が、中盤では動き回るエッチを見せてくれたので、女性の感情変化は面白いなと思いました。たぶん、先生役が楽しくなった『飯岡かなこ』さんの気分も良かったのだと思います。

後半は、正常位で感じまくった先生が、四つんばいバックで連続アエギ泣きを見せてくれます。気持ち良すぎてアエギ泣くなんて『ドM性癖』も隠し持っていたのだと実感出来ました。視聴者は、こういう体位によって、喘ぎ方が変化する女体を丁寧に楽しんでください。セックスでも、体位が変更されれば、何か新しい刺激を見つける女性もいるのです。この後半では、対面騎乗位と背面騎乗位と卑猥なシックスナインもあります。騎乗位の時の『飯岡先生』は、甘えるようなアエギ声を連発していました。
最後は、激しい中出し正常位です。先生が教え子の勃起ペニスで連続ピストンされて喜びの声を連発していました。総括をすると、この作品は、体位によって喘ぎ声が変化する感じの女性が好きな人にオススメです。この作品は、スレンダー美人が登場する傑作レベルの価値はあると思いました。将来可能ならば、どこかの企業で『飯岡かなこ』さん主演の『セックス四十八手シリーズ』を作成して欲しいと思いました。

作品サンプル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください