あべみかこの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!(動画付き)

あべみかこの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!
あべみかこの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!

第23弾は、カラダはロリでもテクニックはオ・ト・ナ?あべみかこが参戦!!責められ役の多い彼女が全力で痴女る!パイパンマ●コを見せつけられて快感のままに暴発する男、半中半外中出しするAVマニアなど、予測不能な撮影に笑ったり、落ち込んだりの作品。見つめながらの激シコや爆音ジュポフェラ攻撃などの凄テクを10分間我慢して、ご褒美の中出しSEXをゲットできる参加者は何人現れるのか!?

この作品は、女優の『あべみかこ』が、いろんなタイプの男性のペニスで興奮している姿を楽しめる作品です。基本的に、『あべみかこ』は、自分のファンには喜びの表情を浮かべていました。補足をすると、この作品は『あべみかこ』が大絶頂に到達後に腰を連続でピクピクさせる姿も楽しめます。若いけど、女体は開発済みなので安心して楽しめる女優の1人です。では、ここから作品の詳細について詳しく書いていきます。

序盤では、『あべみかこ』に『凄テクシリーズ』の基本ルールが説明されています。多くの女優が登場してきた重みに少し緊張していた『あべみかこ』でしたが、1人目の対戦相手の中年男性がファンだと判明すると元気に開き直ってペニスを舐めていました。視聴者は、この序盤では1人目の男性を手コキ連動フェラで射精させた後に、2人目の男性を10分以内に射精させれずに本番することになり苦笑する『あべみかこ』の表情にも注目してください。苦笑はしたけど約束は守る『あべみかこ』は、卑猥なシックスナインの後に騎乗位で腰を振ると、勝者の男性にセックスの主導権を潔く渡していました。主導権をもらった男性は、バック挿入で『あべみかこ』を喜ばせると、次の中出し正常位で『あべみかこ』の腰を連続でピクピクさせる凄いテクニックを見せていました。こういう序盤から本気絶頂が楽しみたい人にとって、この作品は重要だと思いました。『凄テクシリーズ』は、女優の大絶頂場面が序盤なのか中盤なのか、それとも後半なのかが視聴してみないと想像出来ない作品です。そういう意味では、この感想記事は役立つ記事だと思います。

中盤では、指マン好きのスーツ姿の会社員とイケメン中年男性が連続で、『あべみかこ』の凄テクを耐えきって正常位で腰を振りまくっていました。視聴者は中盤では、イケメン中年男性に指マンで逝かされた後に、中出し正常位の許可を大興奮しながら出す『あべみかこ』の淫乱ぶりを楽しめます。彼女は、イケメンのテクニシャンが好きなようです。好きなタイプの男性が相手だと正常位の時に女体が凄く敏感になって淫乱モードになる女性はAV女優の中には何人もいます。そういう部分を楽しみながら興奮するのも、AV鑑賞の醍醐味だと思います。

後半は、デブの男性が簡単に射精に導かれた後に、すこし性欲が弱そうな高齢男性が『あべみかこ』の濃厚なローションプレーを耐えきっていました。視聴者は高齢男性が『あべみかこ』の騎乗位に耐えた後に、狂ったようにバック挿入で腰を振りまくって『バック中出し』をする姿で大興奮してください。人は見かけによりません。高齢でも性欲が強い人もいます。この後半は、『あべみかこ』が高齢男性の性欲を誤解していた部分も楽しめます。

最後は、おっとり系統の男性が『凄テク』を耐えきって、『あべみかこ』と本番挿入をする権利を受け取っていました。途中で、『あべみかこ』がバック挿入で逝きそうになりますが、逆襲の対面騎乗位で精子を搾り取っていました。総括をすると、この作品では『あべみかこ』が『凄テク対決』で5敗をしていました。でも、視聴者にとっては本番挿入が5回も見れたので、本番の絡みを多く見たい人にとっては興奮出来る作品に仕上がっていたと思います。それから、『あべみかこ』はバック挿入されると大興奮することが多いので、その部分も楽しんでください。ようするに、バック挿入が好きなマニアも楽しめる作品だという事です。

サンプル画像

作品、他、各種サイトリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください